読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromitsuuuuu.log();

to see more to see.

マイナスプラスプラス

またしても気づいたら月末。最近ものすごい日にちが進むのが速い。やっぱり1日に30分でもブログ書いて内省する習慣を戻さないと、考えてたり感じてたいいことが全部流れそう。

今週末の金〜日も怒濤の日々。金曜はワンパクさんの3周年記念パーティに行ってきた。仕事もなかなか進まなくて、その前に失敗もあったりで、凹みまくりだったけど、偶然が3重くらいに重なって、かなり良かった。

「かみさまはいます。しんじていれば、ほんのすこしだけ、ほほえんでくれる。きょうがそれ!」

3年ぶりくらいに、ごめんなさいをして気になっていた会社の同期になるはずだった子と再会できたし、学舎で見かけてお話したかった方ともお話できた。偶然いらしていた河尻さんともお話できて、twitterのアイコンは褒められるわ考え方に同意していただけたわで、もう自己肯定してもらって涙出そうでした。自分を信じて、あきらめずにすすんでいれば、のろまかもしれないけど、ちょっとづつ何かつかめるかもしれない。

土曜はgggの「秀英体100」の展示へ。最終日だったので眠い目をこすりながら。秀英体100のポスターを見て、印刷とか加工とかフォントやっぱ好きだなーと思った。秀英体は明朝が綺麗。フォントしばりの展示会だったけど、すごい良かった。

日曜はうって変わって低空飛行。学舎のグルワだったけど、思うようにアイデアが出せず。こういうときはすごい苦しい。逆に一本繋がったときが気持ちよすぎるから苦しさも嫌いじゃないんだけど。30万払って「習い事」でしたね、じゃなくて、本気でやりたい。だから最終発表までは、予定の取捨選択も涙をのまねばなるまい。JAVAの資格も取らなくちゃいけないし。

企画を考えながら思ったこと。うちの好きって何だろう。昔はもっと、夢中になれたものがあった。だけど、"好きを仕事にできるなんて氷山の一角だからそんなの目指しても"とか、色々否定されてくなかで、いつの間にか夢中がなくなった。"好き"がない自分にかなしくなった。確かに学舎に行ったり外に出たり、動けるくらいは好きだけど、夢中ってほどじゃない。うちの夢中はどこいった。