読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromitsuuuuu.log();

to see more to see.

センチメンタル。PlasticTreeライヴ参戦レポ。

PlasticTreeの新アルバム「アンモナイト」のツアー、LIVE HOUSE TOUR2011「アンモナイト(小)」@Zepp Tokyoに行ってきました。プラのライヴは2004年夏のcell.以来。書いてみて再認識したけど久々すぎる・・・!東京来てからライヴはいつも1人wなんですが、大学の先輩がうちがプラ好きなのを覚えていてくれて、声をかけてくれて今日は2人で参戦!ライヴレポという名の覚え書きをば。セトリは最後に。

整理番号はBの500番台。柵ごとにアルファベット順で区切られてんのかなーと思ったら、整番ごとに入場するだけで中は自由だったので段になってる柵の2列目、PA横をゲット。柵前は取れないけど余裕でいい場所が取れました。時間押すかなーと思ってたけど、オンタイムでスタート。ステージ後ろにかまぼこみたいな半円のスクリーンが設置されていて、そこにアンモナイトの映像が映し出されてはじまりはじまり。

曲はThirteenth Fridayからムーンライトの流れとアルバム順。ムーンライトのサビ前「メール画面〜」では竜太郎が左右を確認するみたいに首をふりふり。照明も青と黄色で夜空の雰囲気。3曲目くらいの後の竜太郎のMCの一声は7年前と変わらず「やぁ」でした。「やぁ。やぁやぁ、PlasTicTreeです。」「こんばんわ。4人組です。」「予習してきましたか?(客席の声を聞く)・・・おりこうさんです。」と変わらない竜太郎のふわふわした挨拶が続きます。ほんとこのバンドは息が長いし、スタイルも方向性も変わんない。

竜「あ、雨あがった?」
客「あがったー!」
竜「2011、アンモナイト雨上がり、Zepp Tokyoはじまりはじまりーーー。」

今日は本編の時間をニコ生で放送していたみたいで、「あ。」って付け足すみたいに「今日はアレですね。ニコ生です。知ってる?8888って。」と竜太郎。スクリーンにニコ生の画面が映し出されます。竜「(頭の上を見て)上空に8の嵐が見えます。ニコ生編も始まり始まり。」8888の話題を出したとたんに、画面に8888の弾幕。レスポンス具合が半端ないです。いい時代になったもんだ。ニコ生の画面を見て正くんに一言。「科学の進歩凄くないですか?これはいつか月にいけますね。」感心しながら「何処から見てるのー?」という質問に、ニコ生見てる人たちから「台湾」「沖縄」などなど日本中、世界の名前が。中には「月」なんてコメントもあったけどw

今日はやたらMCが長く(ツアーファイナルだから?)、続いてアキラ。
バンギャやめんなよ!」
「どうしてもやめたくなった時は、バンギャ心得三か条を思い出せ。」
「ひとつ!親の小言と、冷たい日本酒は後から効いてくる。」
「ふたつ!青い空、白い雲!」
「みっつ!バンギャたるもの、三度の飯より飯がすき。」
わけわからよ、アキラさん!!笑。

メルト、不純物とアルバム以外の曲も挟みつつ、序盤は静かな拍手で終わる曲、それからだんだん動く激しい曲へとシフト。春だからやるかなと思ってはいたものの、ほんとにやった、「春咲センチメンタル」!!ちょうど良くプラのライヴに行ってた頃の曲だからセンチメンタル感半端なかったです。

「踊る準備、出来てますか?」「じゃあ踊ろう。デュエット。」

ここからだいぶ動く様に。メランコリックでは折りたたみ(腰から深く折り曲げるヘドバンみたいなの。)も入って盛り上がりは絶好調♪竜太郎がギターをアコギに変えて、さびしんぼう、作品「ammonite」、ブルーバックと〆に入ります。終わりはアルバムと同じだね。
どのMCだったか忘れたけど、メンバー全員が一人づつこのツアーで得たことを話してて、その中でケンケンが「海月さんが暖かい」とファンのことを言ってたのが印象的でした。プラはバンド側もファンのこと海月(バンドごとのファンの呼び名。)って名前で言うんだね。アキラが、ライヴハウスだと客席との距離が近いから熱気がよく伝わってくるという意味で「バンギャどもの遠赤外線」と言っててウケましたw その流れで竜太郎が「(最前あたりの客席を覗き込んで)まだメイクが綺麗に残ってますよ。」と続き、アンコールはいつもの煽りで3曲。

                                                                  • -

■セットリスト

                                                                  • -

Thirteenth Friday
ムーンライト ――――。
メルト
不純物
アイラヴュー・ソー
雪月花
アリア
春咲センチメンタル

[MC]

退屈マシン
バンビ

[MC]

デュエット
みらいいろ
メランコリック
リプレイ
さびしんぼう
作品「ammonite」
ブルーバック

[EN]
Paper plane
spooky
エンジェルダスト

                                                                  • -

CDで聴いててプラらしいなーと思ったアルバムでしたが、ライヴで聴いてもっと好きになった!ライヴ映えする曲が多かった印象。久々のプラライヴだったけど楽しめました♪CDで聴いてたらすごく軽い感じがするけど、実はすごい音が重いのよね。。。+ふわふわした浮遊感のある竜太郎の声とあの世界観、なかなか無いバンドやなーと思いつつ、今日のライヴおしまい〜。またライヴ熱が上がってしまった。

めちゃくちゃ久々に会った先輩ともいっぱい話せて、昨日すごい落ちてたんだけど元気もらえました (o´∀`o) 今度会いましょうで終わらせずに会いたい人に会うって大事だな。好きを好きで居続けるっていいな。楽しむって必要だな。今日の感想。せっかくはるばる東京まで来てるんだ、楽しみ尽くさなくっちゃ。