読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromitsuuuuu.log();

to see more to see.

2015/6/27 LUNATIC FEST@幕張メッセ 参戦記録

もう何週間か前の話になってしまったけど、最狂のフェスの1日目に行ってきた。
屋内だけど、フェスと名のつく物に一人で行くのはなぁと思っていたらWeb界のおねいさまが一緒に参戦してくれた!お高いチケットだったのにありがたや。

平日疲れ果ててOAの11時が無理そうだったので午後から参戦に。海浜幕張に近づいてくると、午後から参戦の黒い人たちがぽつぽつと。無事リストバンドも交換して、連れのお目当てだったcoldrainから参戦。YouTubeでいくつか聞いたことがあるレベルでしか知らなかったけど、音も重いし英語/日本語自由自在でかっこ良かった!はじめは2柵目に居たんだけど、モッシュが激しかったので後方に退避。MCがちょっと若めだねーって話した。

colsrainの後に会場で食料を確保。物販もごはんも諦めないと、ほんま何しに行ったかわからんレベルでアーティストを諦めざるをえないくらい混んでた。小腹空いたときのためにカロリーメイトとか持ってくのが勝ち組だったなーと。その後、激混みのシャムシェイドと、気になってたべガスをゆるく聞いてディル。

DIR EN GREY

フェスってよりワンマンみたいな安定の空気感で誇らしかった。前は厳しいかなと思って2柵目に居たらちょっと大人しすぎて攻めのがしてしまったけど、でかいモニタが2面もあったからメンバーがよくみえた。

and zero始まりで、ステージの薄膜に映像が流されDIR EN GREYのクレジット。1曲目で両サイドのモニタには映像が映らなくて、べガスから明らかに空気が変わった。Sustain、激しさ〜と、前半からフェス仕様。THE FINALと大好きな曲が続く。京さんは金髪で黒いノースリーブっぽい服だった。声もでてた。中盤の空谷で静かにヴァイオリンを持ったスギ様登場。MCも何もなく、コムローイの映像とともに演奏が始まって、スギ様のヴァイオリンがめっちゃ合っててものすごく良かった。。。優雅にドラムを叩くやもちゃんが相変わらず美しすぎた。スギ様がはけるときDieさんがぺこぺこしてて超微笑ましかった。その後の、Revelationではステージ後のモニタに規制無版のMVが流れて、もう会場が雰囲気に飲まれてるみたく感じた。ズバッと手を挙げる京さんがほんとにもう教祖だった。

TLでは、セカオワよりもディルが世界の終わりだと話題だった。たぶんその世界は物理世界じゃないんだろうな。。。会社ではスレイブな先輩に「ディル見たよ!ちっちゃいのにすごい声出るんやね」って言われて、そうなんですそうなんです京さんハスハス!ってテンション上がってしまった。ニコ生の有料チャンネルのToshiとの2ショットでハニカミ京さんで仕事でくじけても何度でも復活できる気がする。

【セットリスト】
01. and Zero
02. Sustain the untruth
03. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
04. THE FINAL
05. 朔-saku-
06. 空谷の跫音
07. Revelation of mankind
08. Un deux
09. 羅刹国(新
※順番間違ってるかも(´・ω・`)


X JAPAN

DEAD ENDもものすごく見たかったけど、X JAPANとのステージ移動が激しくなりそうだったので後方でモニタ鑑賞。モーリー様が美しすぎた。黒とジャケットが似合うスーパーバンドマンたくさん見れてなんと贅沢な。。。

MOONステージはド上手から斜めに見るのがモニタも見れて意外とよさげだったのでXはド上手で待機。ステージ前方では運命共同体の方々が気合入れしてて統率力が半端なかった。案の定、だいぶ押してYoshiki登場。X Japanも別格だった。。。Toshiの歌ほんますごかったし、ピアノ綺麗だったし、どのメンバーも最強過ぎた。生Rusty Nailだし紅だしENDLESS RAINだし!中盤、よっちゃんが新しいアルバムが完成間近なんですよとか言い出して、みんなのコーラスをToshiと一緒に公開レコーディング。3万人の歌声が会場中に響いてすごかった。Xジャンプもみんな飛んでて、巻き込み力がすさまじかった。

【セットリスト】
00.Miracle
01.JADE
02.Rusty Nail
03.紅 MC
04.kiss the sky
05.ENDLESS RAIN
06.BORN TO BE FREE
07.X

途中、MCでよっちゃんが感極まってうるうるしてしまって、スギ様が肩を抱いてたのは腐女子がきゃーってなりそうだったし、ToshiとYoshikiが同じピアノの椅子に腰掛けてるのも、ファンじゃなくても泣きそうだった。後輩とかをよろしくお願いしますって語る中で、唯一「ディルとかね。」って言ってくれて。名前を呼んでくれてありがとうございますって感じだった。「本物のhideを連れてきてます」ってhideちゃんギターが出てきたときももうやばかった。


LUNA SEA

生ろーじあ!!生すとーむ!!てかピンクスパイダーやった!フォォォ(´;ω;`)スギ様が空を指差してて、hideにも届けって。当時、Ryuの歌い方が苦手で聞いてこなかったんだけど、なんでこれまで避けてきたんだろうってくらいLUNA SEAがかっこよかった。。。MCはちょっとキザで受け入れなかったけどw

最後の全員大集合の演奏のときに、下手でDieさんととっちが控えめに二人並んで演奏してて萌えた。Dieさんスギ様と向かい合ってギター弾いてて楽しげだった。はけるときにルナシーギター隊と隆一に挨拶してた。とっちも楽しげだった。薫さんと京くん、やもちゃんは見かけなかったけど、裏のニコ生でDieさんととっちが出てた。てかあの先輩バンドの中で見るととっちが若手に見えてしまう。。。先輩後輩のやりとりを見てもうニヤニヤがとまらなかった。

あー、ルナフェス楽しかったなぁ。夢みたいだったなぁ。2日目も行けばよかったと後悔するくらいよかった。2日目はずっとニコ生で美しい魔王様たちを見てた。時代の流れを感じるフェスに参加して、歳を取るのも悪くないなと想いにふけってたら、月曜の朝からMTGなのを夜思い出して現実に帰ってきたり、筋肉痛がこなかったり。財力と体力のなさを呪うルナフェスでした。

ルナフェスに行きたいって話をすると「でかいバンドがたくさん出ているお得感」で共感されたりして。確かにそうでもあるし、色んな価値があって良いんだけど、なんか自分の感じてた価値が伝わらなかったのが悔しかったからメモっとく(好きをこじらせためんどくさい奴…)。

フェスのサイトで増田さんが書いてるaboutの通りなんだけど。。。V系という音楽シーンのルーツとなった古参バンドやそのローディーを務めていたバンドマン、そしてそれに憧れたフォロワー達が集まったこと。東のエクスタシー、西のデンジャークルーと呼ばれていたような全盛期に活躍していたバンド達が東西の境を越えて集まったこと。東のX, 西のCOLORとも呼ばれていたCOLORのダイナマイトトミーが起こした事務所フリーウィルの若頭であるディルが仲間に入れてもらえたこと。
うちがこの文化に出会ったのはちょうどディルの「予感」の頃。田舎に住んでた学生のうちはお金無いし遠征なんてできなくて。その前の出来事は書籍でしか追うことができなくて。そんな本でしか読んだことのない、歴史がステージで再生されたんだよ!!奇跡なのよ!あのディルの京さんが、あのXのToshiまでもが、後輩の顔をして、キッズに戻ったみたく嬉しそうにしてるんだ。そんなの滅多に見れないんだよー!!時空を超えた大同窓会だったのよ!!あんたが行きたいのはでかいバンドがいっぱいいるからでしょ、なんてこと言わないで。脈々と受け継がれた師弟関係と仁義がそこにあるように感じたのょ。


ということもあり、フェスが終わってもルナフェスロスが大変激しく、隣の沼にズブズブはまってゆく始末…。5万までなら出すから完全DVD化希望です、お願いしますお願いします。今日やっとTシャツが届く。

バンドって儚い。メンバーが亡くなっちゃったりとか、解散の危機とかいっぱいある。そんな中、このバンドが一同に集まって演奏できてみんなニコニコしてたっていうのがもう奇跡すぎる。こんな素敵な会を開いてくれLUNA SEAそしてバックステージのすべてのスタッフに感謝。そして、奇跡を1日でも眼に出来たことに感謝。