読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromitsuuuuu.log();

to see more to see.

ひとりじゃないな、をつよく感じることができる日

「きみは、間違いなく、29年前のこのひに、望まれて生まれてきた。色んな笑顔に囲まれ、泣いたはずだ。」

生まれて29周年になりました。あれ、この前27歳ブログを書いたばかりだったんだけどな。歳を取るごとに1年が加速してる気がします。今年はGoogle I/Oの報告会に言ったあと、親友の結婚式ムービーを作っています。明日が締め切りだからね。誕生日は延期です。Facebookでたくさんお祝いの言葉をもらいました。うれしいことです。ああ、一人じゃないやん、ゆるくつながっとるやんて。

20代最後だよ!?て言われるけど、あんまりこれしなきゃとかは無い。そろそろ運動しないと体力がやばいと思うくらい。だけど、母親は28歳で自分を生んだはずで。その事実のほうが気になる。ああ、その歳を超えたんだなーって思うとなんだか複雑だ。当時の28歳で未婚は「いきおくれ」だと周りから責め立てられ、お見合い結婚をしてこの歳で子供を生んで、右も左も分からないまま必死で育てたのか、と思うと感情移入してなんだか色々苦しくなっちゃう。だって今子供育てろって言われたらまだ自分自身が子供過ぎて心配になるくらいだもの。喜びと、とまどいと、苦しみなんかいろいろを想像してしまう。この歳になっても、まだ感受性は強い。

インターンで知って入った会社も今年で5年目。当時の指導員と同じくらいの年次になった。大学の頃もそう思ったけど、新人から見た先輩って大きいんだよ。同じ年次になっても追いつけている気がしない。今年こそは「自分はこれができるんです」って納得できるように、周りから認識されるように、もう少し前に進みたい。不安でぐらつかない居場所を守る武器がほしい。一緒に手伝ってってお願いできるきびだんごでもいい。