読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromitsuuuuu.log();

to see more to see.

2016年の年賀状

徒然

f:id:hiromitsuuuuu:20160101222703j:plain

今年の年賀状は孫悟空だった。今年は例年に比べて時間が少なく、印刷済みのものでもいいかと思ったりもしたが、1人でも年賀のイラストを楽しみにしてくれてる人が居るなら描かねばなるまいと描いたら意外といいのが描けた。毎年恒例になっていて、一回しか会ったことのない先輩の奥さんが「似てる!」と喜んでくれたりして、ちょっとしたことだけど自分の作ったものが誰かに驚きとかを与えてるのが嬉しい。

Winを処分したので作業環境が変わったが、イラレのオートトレースさえあれば余裕だった。トレース前の原画のコントラストや明るさ調整はiPhoneで事足りた。iPhoneには感謝している。

今でも小学校4-6年の時の担任(超恩師)と年賀状のやり取りが続いている。卒業して20年も経つと考えると、もう子供いてもおかしくないし、時空を超えてる感が凄まじい。中高時代、そろばんの競技大会でアメリカまで一緒に行った岐阜や京都のおねいさん方とも緩やかに繋がっている。こういうのはSNSじゃできないやり取りだと思う(ネット民がすべてでもないし未だメールベースな人も居る)。社内の年賀状交換には反対派(納会で面と向かって礼を言えばいいし、むしろ納会ってそのためのもんだし、新年の挨拶は明けてから言えばいいと思うので)だが、年賀で繋がるゆるい関係には賛成派である。形式的なものとか繋がんなくてもいいようなものは別にいい気もする。結局出す人次第。

20年を経て、いじめられっ子だった小学生は何者かになれただろうかと年賀を書きながらふと思った。少なくとも福岡6年を経て、東京でJS書いたりUI設計してるとは想像もしなかった未来だ。