読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromitsuuuuu.log();

to see more to see.

2015/9/21 Sadie forever and ever…@Zepp Tokyo 参戦記録

LIVE

Sadieの活動休止ライブに行ってきた。メンバーもファンも全力で、活動休止するのが勿体ないくらいのいいライブだった。アンコの揃いっぷりが素晴らしかった。サディギャの愛に溢れてた。

活休前に、サイレントイブと迷彩が聴けてよかった。大学時代から、この歌にどれだけ救われたことか。バンドって本当に儚い。ある先輩が、「解散って知ってからラストライブだけ行く人がいるけど、その人たちがもっと会場に足を運んでいれば、音源を買えば、彼らは解散しなかったのかもしれない」と言ってたのを思い出した。

  • SAD
  • PAIN
  • FEAR
  • MALICE

スクリーンに映し出された揺れる裸電球と、キーワード。悲しみ、痛み、恐怖、悪意、彼らがずっと紡いできた音楽。Voyageのコーラスにいくつものすすり泣きが混じってた。共感してそこに居場所を見つけていた人たちの喪失感を思う。。。活動休止ライブは、まるで別れ話のようでもあり。。。

おわりのMC

アンコール終わりから、メンバーひとりひとりのMCがほぼ1時間ほどあった。真緒さん、5人での最後の挨拶のあとにメンバーひとりひとりにうわーんて泣きついて頭よしよしされてるのが可愛すぎた(´;ω;`) 色々うろ覚えだけど刺さったやつをメモ。美月のMCがどのセミナーより自己啓発本より沁みた。

『ありがとうしかないです…。MC下手でごめんな。』

『アイドルでも他のアーティストでも、みんな一緒やと思うんですけど、作られたものには必ず終わりがあるんです。』

亜季

『活動休止しても、サディへの想いは活動休止しないでください。俺も君たちへの想いは活動休止するつもりはありません。』めっちゃ男前だった。

美月

『きっかけ。人生、ほんま何が起こるかわからないんです。もう今更ですけど、僕は間に合わせだったんですよ。そこのお兄さんに拾われて。どこのギタリストにも断られて。僕だけ経験がなくて、必死に背中を追いかけてここまできました。…<略>…どんどん理想が高くなっていって。でもね、それもどこかで頭打ちになるんです。メンバー一人一人、これからが厳しい戦いになります。…<略>…泣きじゃくって演奏どころじゃないと思てたんです。でも全然そんな感じじゃなくて。やっぱり前向いてるからだとおもいます。解散じゃなくて休むって答えが出たことが、本当に嬉しくて。』

真緒

『歌を歌わなければ、ただの弱いひとりの男です。』泣きながら真緒が振り絞った言葉。これまではSadieが守ってくれた。これからはひとり。怖いです、って。明日も当たり前のようにスタッフにスタジオ何時やっけ、って聞いてしまいそうだって。10年積み重ねてきたものを手放す怖さは計り知れない。

セットリスト

  1. Ice Romancer
  2. 心眼
  3. Crimson Tear
  4. Jealousy
  5. CHILDREN OF DESPAIR
  6. ドレス
  7. Rosario-ロザリオ-
  8. Payment of vomiter
  9. 溺れる魚
  10. Demons cradle
  11. 嘆きの幸福
  12. サイレントイヴ
  13. THE NEVER
  14. DEAD END
  15. Voice of pain
  16. Grieving the dead soul
  17. クライモア
  18. サイコカルチャー
  19. 陽炎

EN1.

  1. Message from here
  2. HOWLING
  3. bleach
  4. 妄想被虐性癖
  5. a holy terrors
  6. 迷彩

EN2.

  1. Voyage