hiromitsuuuuu.log();

to see more to see.

フロントエンドエンジニアが人間中心設計(HCD)専門家認定制度を受けてみた話

今年もHCD専門家の季節がやってきたみたいです。去年HCD専門家の認定を受けることができたのだけども、すごく苦しんだのでどんな様子だったのか、体験談として残しておこうと思います。

なぜ受けてみたのか

産技大に通っていた2015年の年の瀬に、何人かの同期が受験してたので知ったのが始まりだったかと思います。それまでは正直この認定資格のこともよく知らなかった。産技大の講義を受けながら挑戦するのはキャパ的に無理だったのと、実務経験が足りなかったため2017年に見送りました。2016年は実践に充て、2017年に受験。以下、今年の6月に証明書がきたときのfbの投稿。

人間中心設計専門家、認定されました!( • ̀ω•́ )✧ 2014年頃までは、HTML5界隈をうろつきフロントエンドの技術をひたすら追いかけてたような気がしますが、やっぱり人のために価値あるものを届けたい一心で2015年は産技大に通い、今年チャレンジしてみて受かりましたー! これまでやってきた仕事を棚卸しする良いきっかけだったし、ここまでは理解できてる(&その気になれば大量の文章を書ける笑)っていう自信になりました。

実務で自信がなかったから、本当にやれてんのか後ろ楯が欲しかったというのが正直なところ。

認定のために何を書かなくちゃいけないのか

これが、んもうひたすら書類が多い。メインどころは、これまで関わってきたHCD関連案件のプロジェクト概要を記述する「プロジェクト記述書」とそのプロジェクトでどんな取り組みをしたかを記述する「コンピタンス記述書」なのだけど、この「コンピタンス記述書」が鬼。HCDサイクルに沿って、各フェーズごとに背景から課題、選択した方法論、選択の理由、結果、成果をひたすら細かく、そのプロジェクトを知らない人にも分かるように書かなくちゃいけない。。。ほんとに鬼書類。

どうやって進めたか

コンピタンス記述書を網羅するだけのプロジェクトがあるか確認するため、業務の棚卸からはじめました。

  1. これまでの業務を全て時系列順に洗い出す(自分の職務経歴っぽい感じ)
  2. 1のなかから、HCD、ユーザビリティに関連していそうなプロジェクトを選んでいく
  3. 2のなかでも、自分が深く関わっていて + プロジェクトでやったことについての課題や意図を語れそうなものを選ぶ
  4. 3をコンピタンスマップに当てはめれそうか星取表で確認しながらプロジェクトを3つに絞る

4までやると、ここのプロジェクトを中心にちゃんと書ければ安心だな、とか、コンピタンスは足りてそうだなというのが俯瞰してわかるのでよかった。足りないコンピタンスを埋めるためのプロジェクトを選ぶとか、戦略を立てると無駄に記載量を増やさなくて安心。

何がよかったか

認定を受けたいまでは、資格は資格でしかないし、実務で成果を上げるのが一番だとも思う。ただ、自分の業務の棚卸しができたことと、業務の中でやってきたことを下記の視点で論理的に体系立てて説明することができるということがわかったのが自分としては収穫だった。

  • どんな課題があって、何が必要だったか
  • 課題の解決のためにどんな理由で方法論を選んだか
  • その方法論をどう使って、結果を出したか
  • 自分はその中でどう関わったか
  • その結果、どういう成果に繋がったか

あれ、これどっかで見たことあるぞ…ん?会社の目標設定と評価面談か?

時間とやる気の戦いがつらたん

噂には聞いていたものの、一番辛かったのが文章の記載量の多さ。受験者向けの説明資料にも『週末1回頑張れば何とかなる…』は『無理ですからぁ、お勧めしません』『2ヶ月弱を有効に使ってね』と書かれてましたが、私も例に漏れずなめてました…。

12/26:受験申し込み

「とりあえず申し込んどこ♫」くらいの気持ちで申し込み、受験者向け説明資料をさーっと眺めるくらいでそのまま長期の冬休み突入。ここで少しでも進めればいいものの、年末年始でやる気がゼロになりそのまま休み明けに笑

1/16 :受験料支払い期限

やばい書けてない、もうだめかも、ここで諦めるか、いや、最後まで諦めないか…のせめぎ合い。結局は受験料捨ててもいいや、振り込んじゃえ!っって振り込んだ!

1/25:書類提出期限

じっくり整理して毎日ちょっとずつ書けばもうちょっといけた…!という感想もあとの祭り…書類への絶望感がTwitterに溢れ出る毎日。土日返上でつめてつめて、やっとこさ1プロジェクト分の枠は埋めた状態まで書いたものの、あと2プロジェクトが埋まらない…ああもうダメもとで埋めて出しちゃえ!出すことが大事や!と、えいやで印刷して郵便局へ提出しました。

本当に目指したいならログを取れ

この前飲みの場で、プロのリサーチャーである奥泉さんから「本当に目指すならログを取れ。どんなプロジェクトで、どんなことをやったか。どんな成功と失敗があったか。本当に目指すのなら、ログを積み上げていったほうがよい。私もここまで10年かかったから。」「他の人がやっているのを見て、すごい!と思えるのは、何がすごいかを分かる目は持てているということ。そのなかで、自分ができること、できないことを分けて、できないことをできるようにすればもっと伸びる。」的なことを聞いた。

HCD専門家は、ログを整理する機会のうちのひとつだったかなーと思う。そのプロジェクトがどんな状況で、どんな課題があって、そこに自分はどう取り組んだか。何が失敗で、何が成功だったか。どんな小さなことでも腐らず行動を積み重ね、学べるものが前に進めるんだとおもた。 あと、書類を書いてみると、自分が「どの辺が書けないか」がわかってくる。その年に提出できるだけの枠が埋められなかったら、次の年にそこを埋めるだけの業務をして、次の年にチャレンジするのもよいなと思った。ないものがわかることも、あることに近づくために必要な能力なんだな。

Product Manager Conference 2017に参加してきたよ!

かねてから気になっていたProduct Manager(Project じゃなくてProduct)のカンファレンスがあったので参加してきました!

プロダクトマネージャー・カンファレンス 2017

扱う内容も広いし企業規模も様々で、2日間でお腹いっぱい(褒め言葉)になりました。手元でスケッチノートしてたので、描いたものをまとめておきます(画像が汚いので後日スキャンして綺麗なのに差し替えます…)

1日目

なぜ今プロダクトマネジメント

プロダクトマネージャートークセッション

Salesforceで行われているプロダクトマネジメント

メルカリUKにおけるプロダクトマネジメント

開発チームが安定したプロダクトマネジメントを実現するための7つのルール

プロダクトマネージャーに経営者が期待するもの / IoT、ビッグデータ人工知能によるユーザー理解を通じたプロダクト開発

2日目

ユーザーの“心の声”を探るUXリサーチ

PM が UXするために必要なのはおそらく IA

プロダクトマネージャーの採用と育成

日本のプロダクトマネージャーは今何をすべきか

いろんな領域がありすぎて、PDMって結局なんなんだー!となったけど、ユーザーに向き合って広義のインターフェースとなる部分に責任を持つのね、コミュニケーションのハブなのね、と色々新しい情報を仕入れることができました( • ̀ω•́ )✧ 学びの余白があるってたーのーしー!すごーい!

やさしいくらやみ

外苑前にあった施設が夏でなくなると聞いたので、ダイアログ・イン・ザ・ダークのファイナルのプログラムに行ってきた。

参加は今回で2回目。今回のグループは、わたしの他に女性が3人、男性が4人。アテンドはみきてぃーさん。とにかくメンバーが元気で、わいわいしてたのが印象的だった。

笹にかこまれた入り口から丸太を渡って海に行って、芝生でひとやすみ。そのあとお店に行って、ビールやワイン、ジンジャーエールをみんなで飲んだ!着席後にみんなでテーブルをばんばんしたり、机におしぼりがあるよー!って触ろうとしたり。おやつのおっとっと、をこれは何の形かなぁ?と考えながらたべたり。70分くらいのプログラムだったらしいのだけど、30分くらいに感じた!

くらやみでは、年齢も見た目も関係なくて、距離がとても近くなる。ねぇねぇって堅苦しくなく話せる。敬語じゃなく喋ってくれるのが、うれしかったりする。 いつもより名前を呼ばれたり、呼んだり。ここにこんなのあるよ!って自分から発信して、その情報にみんながそうだね、ほんとだね!って反応が返ってきたり。いつもより、繋がりを感じやすいように思う。でも、声を出さなければ、ひとりぼっちにもなれる。どんな表情をして、どんなことをしているかも見られたりしない。

くらやみは、やさしい。

今回のテーマは出発、だったのだけど、出発や冒険に対する印象で「すべてのものを置いていくこと」「帰る場所がない」「清々しい感じ」という言葉が記憶に残った。

きゃっきゃ遊んで、すごく楽しかった。くらやみではとても「素のじぶん」をひらけるような気がする。

また、どこかのくらやみで。そう言って満足そうに帰っていったふたりがかっこよかった。

2017/7/7-8 ANDROGYNOS@横浜アリーナ 参戦してきました

発表から衝撃の走ったANDROGYNOSという名の丘戦争、もう二度とこんなイベントはないかもしれないから2日間参戦してきました。結果、交わることのなかった2バンドの宗教戦争だと言われていた丘戦争は、蓋を開けてみれば戦争なんかじゃなく愛に溢れた丘フェスだった。

androgynos.jp

spice.eplus.jp

natalie.mu

(京虜なんで京さん多めの感想殴り書きです…)

1日目

1日目はスタンド「アドレナリンの海」あたりでの参戦。1日目はディルが先行で、Revelation of mankindはじまり。しょっぱなからスクリーンいっぱい使ってあの映像(いじめとか首吊りとか包丁でぐりぐり刺されたりとか、怒りとか痛みとかグロい映像)なの!?とビビった。ARCHE曲中心のセトリで、OBSCUREも、The Finalも、新版。初見や久々のひとには厳しいグロい選曲、いつものディル。ほぼ最近のワンマンじゃないかという感じで、全く媚びない選曲で、自分たちの今はこれだ、と全力で見せにきた感じがものすごくかっこよかった。

京さん、暗転後マイクをとったかと思うと、『ピエラーの皆さん、こんにちわ、ディルアングレイです(にやにや)。ラストォ!!!』とMC。きょ、京さんがしゃべったー!!! ピエラーって言ったぁぁぁぁ‼︎ と震える虜。激闇で〆。

その後、30分くらいセッティングの時間を挟んで、後攻PIERROT。先行ディルで、声も拳も上がってて、結構虜さんいるんじゃね!?と思ってたらPIERROTターン1曲目のMASS GAMEで見事に崩れ去った。会場に広がる一糸乱れぬフリ。ディルでスクリーン使ったのに、何でスクリーンもう1枚出てくるんだろ?と思ったら、フリを大きな影で魅せるための演出だった。ラーはよく教育された軍隊、虜はゲリラ部隊っていう伝説を体感しました。。。すごいわ、これ宗教だわ!!(褒め言葉)

Adolf、AGITATOR、HELLO、CDでしか聴いたことのなかった曲が繰り出されていく。キリトさん、ラーをまとめる扇動者でした…。すごかった、宗教だった(褒め言葉)フリを見よう見まねで頑張ってやってみたらめっちゃ楽しかった!!!!!頭振るとこだけは全力でついてったで!笑

MCでは虜ちゃんって呼ばれました…!すごいよ、虜って呼ばれたよ!!!!『メギドとかアクロとか、なんですか』『ピエラーちゃんも虜ちゃんも世間一般から見れば同じキ○ガイ』『最初はみんな、ひとつだったんです』『またひとつに戻りませんか?』京さんがMCしないから逆にキリトさんよく喋るんだなって思ったし、お茶目MCだった!!Angeloで丘戦争タオルをグッズで出しておいて、戦争なんてなかった発言に笑ったw

FCで取ったチケット。黒封筒に赤チケット。まるで赤紙

lynchやThe THIRTEENからお花がきてた。

公式フードは焼印のついた肉まんとフランクフルト、アンドロジナ水w ビールやジュースのカップにもANDROGYNOSのロゴが入ってた。

PIERROTとディルメンバーの楽器展示も(本数多すぎて入りきらなかったよ!!)

2日目

2日目はPIEROTT先行。ラーのお友達と鬼門近くで参戦してきました。遠かったけど、柵前の席だったので見やすかった。バンド紹介の映像が始まり…メンバーが登場、照らされる照明。キリトさんの衣装とピエロメイクに湧き上がる歓声。SHOXXで見たことあるやつだよー!!!!!と興奮しました。1日目とは結構セトリが違ってて、生で聴いたことのないやついっぱい聞けて嬉しかった。

30分の休憩のあとディル。Un deuxはじまり。Un deuxはじまりなのが、今を前向いて生きてんだぜって感じがしてすごいよかった。濤声では京さんの感情の高ぶりをみてみて!って感じやった(ぉ)。audience KILLER LOOP 、Behind a vacant imageと続き、今日もArche曲中心かーと思ってたら次の暗転で前奏前のサーって音が。ん…これはもしやアクロでは…と思ったらギターの音で確信に変わり…。会場で上がる歓声、しっとり歌い上げる京さん。

アクロが終わって、静かな拍手が会場全体で起こり、、余韻を楽しむ余地なくVINUSHKAのギター。会場から聞こえるどよめき。過去を、一瞬で現在に塗り替えていくギャップ!!!このライブで『此処が真実だ』をやるディルに震えた。

MC無しでThe Finalまで突っ走り、今日はもうしゃべんないわ…と思ってたら京さんしゃべった!!『ピエ…ラー、さん…?(小首をかしげるディルアングレイです…こんにちは…今日も元気ですか』『ピエ…ラーの皆さんと…』って京さんが言ったあとに今日は虜って呼んでくれるの!?って期待する虜たち笑。『と、くそったれども』って呼ばれてえーって声が上がったら『愛すべきくそったれども』って言い直すのも愛しすぎてもうだめだ(← 調教されすぎた虜)。『あの、丘戦争ってなんですか?(京都弁)』『そんなんちゃうよなあ!俺らと一つになれんのか!』の煽りからのラスト、残。

身内を虜とは呼ばないのも、京さんらしくて愛を感じた。ピエラーさんたちには『ピエラーのみなさん』虜は『愛すべきくそったれども』余所への礼儀をきっちりするとこすきや。MCで戦死した虜がここにおります←。残終了後に両手を頭上で大きくバチバチ拍手。袖に帰るときに左手でバイバイしてくれた!

会場前では過去の映像とかグッズ情報とか流れてた。

帰りに配られたフライヤーセットの封筒が、上下逆の丘が合わさったデザインで凝ってた。なかにはDVD入りの豪華セットでした。

2日間を終えて…

宗教的な2つのバンドを同じ会場で、2日も続けて見て、どっちもカリスマ的だけどタイプの違いが見て取れて面白かった(語彙力があれすぎて表現できない…!!!)

これまで走り続けてきたディルと、それを追いかけた虜がいたから今日があったってTwitterでラーさんが呟いてるのを見て、じーんとしてしまった。いろんな時代があって、いろんな出来事があって、それこそ「過去は二度と戻らないけれど」今があって、よかったなぁって。年を取って、大人になって、バンドの儚さと瞬間瞬間の大事さを知って、お互い認め合い、この時間を大事にする…なんて平和な世界なんだ。

大きな会場でライブができて、その人自身がもう影響力のある人だったりするいろんなバンドマンがいちファンに戻ってはしゃいでいて。虜もラーも自分たちがラーであること、虜であることに誇りを持ってて、我らのバンドいいじゃろ!かっこいいじゃろ!そっちのバンドもめっちゃかっこいいじゃん!ってなってる雰囲気がもう平和な優しい世界すぎてよすぎた。

V系フェスは運営が残念だったりしたけど、丘戦争は運営もスムーズで、オリジナルフードの列に並んでたときに「2階にも同じものがあって、そちらのほうが早く買えますよ」って案内してくれた誘導のおじちゃんめっちゃ優しかったし、グッズも見本じっくり見て普通に並ばず買えたし、ほとんど売り切れで買えなーい!ってこともなかったし。なんなのこの良きUX!!!

twitterを見て、虜さんやラーさんの感想を辿って読み漁るのは確実にエピソード的UXだし、過去いがみ合ってたけどこの時代になってこんな平和な世界がくるなんてねってラーの友達と話すのとかマジで累積的UXすぎる。もうなにを書いているのかわかんないけど、丘戦争は破壊的幸福でしたよ!

ラーさん方が虜のわたしにもおかしくれた。虜さんなのにすみませんって言いながら…優しい(;A;)丘は溶けて融合しました。

過去はもう戻らないけど、今を見て、大地を蹴り進むのです。

(セトリ、あとで拾ってこよう。。。

まいにち修造的ななにか

すぐへたれになるのでPCのデスクトップメモに人に言われてハッとした言葉を貼ってるのだが、この前後輩に見つかって「毎日ひろみつですね」って言われたのがおもろかった。

(`・ω・´) { 自分が前だと思う方向に進みなさい。

(`・ω・´) { 人に判断の評価基準を置かない。自分の正しさを信じろ。

(`・ω・´) { 人と比べない!自分のベロシティの実績値を測れ!

(`・ω・´) { 迷わずとりあえずやれ!!細かくぶつけろ!話はそれから。

(`・ω・´) { これができたら何ができるようになる、を明確にするのだ!

(`・ω・´) { 凹む時間はむだ!!!仕事は進まない。

(`・ω・´) { 比べる前に事実情報を集めろ。ポンコツなら差分から学べ。

(`・ω・´) { 自分がそう見えてしまう事実 → どういう基準で見てしまうか → 他の見方はないか?

すぐ忘れて元に戻ってしまうからな、朝起動したときに見る位置にあるのがいいねん。

価値のカタチ展の特別講演『UXデザインで変わる未来のクルマ』を聞いてきた

千葉工大でUXデザインを研究されている、安藤先生の研究室の展示会を見に行ってきました。タイトルはその中で行われた、日産自動車株式会社 コネクティッドサービス本部 サービスユーザーエクスペリエンス企画部の部長さんである宮澤さんの講演。大きく分けて、新しいモビリティ体験のためにルノー・日産アライアンスが取り組んでいることと、コネクテッドサービスを提供するための組織へのUXデザイン導入までの道のりのお話でした。

andoux.peatix.com

IoTのデバイスでの売り上げはたかが5パーセントにしか過ぎず、その他はすべてサービスレイヤーとのこと。クルマでしか取れないデータがあるからこそ、製造側はまだまだ頑張る余地がありそうだなと思うとともに、これから益々プロダクトアウトじゃない価値を設計していくことが求められるなと(小並感w)。

プロダクト(自動車)は安全でなければ世に出せず、開発期間が4,5年と長いのに比べて、サービスの開発は不確実で週次でアップデートされていくもの、そのギャップもあるというのも面白かった。コネクティッドサービスを提供するための技術やセンサーはプロダクトの開発スパンに合わせて入れ込んでいく必要があるけども、サービスは不確実なため検証を繰り返し、確定要素を増やしていくっていう期間の異なる開発が走っているらしい。CAR CENTERED DESIGNから、USER CENTERED DESIGNにするために。UXデザインをクルマを最高の商品に仕立てるためのひとつの手段として使う。すごく当たり前で、でもずっしりくるお言葉でした。

ダイアルアップで接続して、ログインする「カソウクウカン」だった時代から、急速に時代がインターネットはインフラになった。やっぱこれから、ブラウザ内のインターネットじゃないインターネットが面白そう。

今年の産技大のUXデザイン総合演習の最終発表にお邪魔してきた話

もう少しで2016年度の産技大の授業も終わろうとしていますが。1/28(土)に行われたUXデザイン総合演習の最終授業に2015年度の卒業生としてお邪魔してきました。最終授業のテーマは「体験プロトタイピング」。実プロジェクトのお題に対して構造化シナリオ法を使って新たなサービス案を考え、アクティングアウトとサービスサファリを通してサービスをブラッシュアップする会でした。

私たちの代に比べると、ビジネス的な背景と目的を踏まえて設計されていて、ユーザーリサーチ+ビジネス的なリサーチ両面からしっかりやってるなーという印象でした。ゆ、優秀だた…。2015年度の授業では、対象となる企業だけ決まっていて、課題ヒアリングからだった。どこが課題か、何を目指すのかというブラしてはいけないビジネス的制約がほんわりしたまま、ユーザー欲求だけで儲かるいいサービスを考えるというのが難しかった覚えがある(その分ユーザーの価値を最大限に考えるということはできたけど)。今年度は、達成しなければならない売上やビジネス的な課題(社員153名が高齢化するため若手の雇用が急務、とか地域活性化とか)が加わったことで思考しやすそうだった。その制約もあり、ビジネス面の話が強めに出ていた印象。

印象として、去年はデジタルなサービスを展開している企業の新規事業という話だったため、自分はどうしてもデジタル縛りで考えてしまった感がある。今回のお題はステークホルダーも明確で、対象がデジタルだけじゃないしサービスの出会いからクローズまで、アプリだけではなく複数の手段を横断的に使ったサービス設計ができそうなよさげなお題設定だっただけに、スマホ完結のチームにはもったいなさを感じたりもした(でも自分が同じことをやれと言われたらたぶんデジタル縛りになって同じことやりそうなので偉そうなことは言えない苦笑)

アクティングアウト2回+サービスサファリもやって、ピボットたくさんしてた。とある受講生に複数回検証して各回で何が違ったか聞いてみたら、アクティングアウトの1回目ではサービスの有効性を、2回目ではシナリオの繋がりを、サービスサファリで詳細な情報設計や実現手段の確認できたらしい。徐々に精緻化していく感じなのかもしれない。

その他、自分メモ。観察なー観察が足りないんだよなー(個人的悩み

1年前の自分を、俯瞰的に見れるという点で授業にお邪魔するのは楽しい。瀬戸内芸術祭とか、自分の好きな仕組みをリバースして、CVCAやステークホルダーマップなど今持ってる知識で表現してみるのは自学習的におもしろいかもと思ったのでした。

[番外編] 飲み会で印象に残った先生の話(笑

自分で答えを見つける人は、泥臭く這いずり回れる。答えを求め、最短距離を走らない。

産技大は構造。セミナーは手順。会社を変えるのに、1年も2年もかけるのはもったいない。それなら早い市場で経験を。

正解なんてないのに、正解を最短距離で探しすぎだよねって話だったと思う。優等生的になぁ…間違うのが怖くて正解をなぁ…結構探しちゃうんだよなぁ…